島根県の霊園・お墓・墓地・墓石・建築石材のことならなんでもご相談ください。 個人情報保護方針 | このサイトについて | サイトマップ
金山工業株式会社
HOME お知らせ 墓地・霊園 建築石材 会社情報 お問い合わせ
ホーム > お墓の基礎知識 > お墓の構成と名称

お墓の構成と名称

従来からお墓は仏塔として、1人の霊に対して1基ずつ建てる単独墓が基本であり理想的とされてきましたが、現在の墓地事情では墓地の広さにも限度がある為、家族の遺骨を一緒に納める家族墓・合祀墓が一般的となっています。
お墓は、墓石(石塔)納骨棺(カロート)を中心に、墓地区画を周囲から仕切る外柵(境界石)墓前灯篭墓誌物置台(ベンチ)といった墓飾品から成り立っています。これらは地域によりさまざまな特色があり、墓地の広さによってもお墓の構成は変わります。
お墓とは、「故人の遺骨を納め、供養し祀るところ」という以外に、何よりも「故人と生者の思いが結ばれる祈りの場所」であり「心の安らぎをもたらしてくれる憩いのスペース」でなければなりません。故人の住まいにふさわしい安心感、くつろぎ感が感じられ、参墓する者へ心地良さを与える造形であるべきでしょう。
お墓の構成や各部位の名称は、地方により異なります。
ここでは、島根県出雲地方での構成・部位の名称で記載しています。
納骨棺(カロート) 墓石の下にあるお骨を納める室のことで、地下納骨式と地上納骨式があります。いずれにしても出雲地方ではお骨を土に返すため、底を抜いてあります。
竿石
(さおいし)
棹石(さおいし)・佛石(ほとけいし)・軸石(じくいし)と呼ぶ場合もあります。竿石には「お題目」「先祖代々之墓」「○○家之墓」等の文字が刻まれます。
布団台・膳台
(ふとんだい・ぜんだい)
スリン台とも呼び、如来図などで仏様がのっかている葉っぱの布団(座布団)を表します。一般的な丸布団台から豪華な蓮華台まで様々な形があります。
上台
(うわだい・じょうだい)
上台には「蓮華模様」や「家紋・家名」等を刻む場合があります。(家紋は水鉢(みずばち)に刻む場合もあります)
中台
(なかだい・ちゅうだい)
墓石の「中」を支える、構成上大切な台石です。
下台
(しただい)
芝台が無い場合一番下になる台石です。下台や中台には正面中央に納骨する為の穴(骨穴)が開いている場合もありますが、通常は水鉢で骨穴を塞いでいるので見えません。
芝台
(しばだい)
お墓の土台となります。納骨室(カロート)の保護、香炉、花立ての置き台となります。一枚板ではなく、四ッ組とする場合がほとんどです。
香立・香炉
(こうたて・こうろ)
線香をお供えするための祭石具です。地域によって色々な形のものがあります。宗派によって線香を立てる縦型と寝かす横型をお選びいただけます。
水鉢
(みずばち)
お水をお供えする部材を水鉢(みずばち)と呼びます。 水鉢には「家紋」等を刻む場合があります。(家紋は上台(うわだい)や花立(はなたて)刻む場合もあります)
花立
(はなたて)
お花をお供えする部材を花立(はなたて)と呼びます。 
供物台
(くもつだい)
ご先祖へのお供え物を置くための台です。
塔婆立
(とうばたて)
墓所内に塔婆を立てるための墓装品です。宗派によっては使用しない場合もあります。
 

墓装品のカタログページもご覧下さい

墓誌(霊標)
(ぼし(れいひょう))
従来、故人の戒名は竿石の側面に刻まれてきましたが、合祀墓の場合は墓誌(戒名板)をもうけ、戒名、没日、俗名等を彫刻します。
 

墓装品のカタログページもご覧下さい

物置台
(ものおきだい)
手荷物を置くための台です。 ベンチとしても使われます。
 

墓装品のカタログページもご覧下さい

墓前灯篭
(ぼぜんとうろう)
古来より献灯は釈迦の慈悲にふれ、邪気を追い払うといわれています。大きさは灯篭の高さから35号(3尺5寸)と40号(4尺)が標準的ですが、外柵の門柱に乗せる置灯篭も一般的です。
 

墓石灯篭のカタログページもご覧下さい

三界万霊塔
(さんかいばんれいとう)
三界の霊をお祀りすることは、先祖供養のために良いこととされています。宗派によって法界萬霊塔ともいいます。
化粧砂
(けしょうずな)
墓地内の敷砂です。お墓を美しく演出するとともに、雑草を生えにくくするといった実用性があります。地域によってさまざまなものが使用されています。
 

墓装品のカタログページもご覧下さい

外柵 : 玉垣
(柱・玉板・土台石)
「外柵」と総称する場合もあります。聖域である墓地と周囲の境界をはっきりと分ける堀の役目をします。柱や玉板のかたちも簡素なものから、デザインにこだわった豪華なものまで様々です。

お墓のセットのカタログページもご覧下さい

外柵:土留台・根石
(どどめいし・ねいし)
墓地の基礎となる部分を形成します。単に「巻石」という場合もあります。
外柵:拝石
(おがみいし・はいせき)
墓地内の敷石です。この上でお祈りをします。地域によっては墓石前面の納骨のためのフタ石をいう場合もあります。
外柵:踏石 墓地内に入るときの踏段となります。当社では足の不自由な方を考慮し、1段の高さが15cm以上にならないように設計します。
石のカナヤマ 金山工業

お墓の点検・資料請求・お見積りは無料です。

お気軽にご相談・お問い合わせ下さい。

フリーダイヤル 0120-697-148

お問い合わせ専用ページ

ホーム >> お墓の基礎知識 >> お墓の構成と名称